Human Corporation

住宅総合保険

住宅総合保険では、専用住宅と家財について、火災、落雷、破裂・爆発および風災・雹(ひょう)災・雪災、水濡れや水災、盗難等によって生じた損害を補償します。

お住まいや家財をさまざまな災害からお守りします

住宅総合保険で補償される範囲は以下のとおりです。補償内容はご契約いただくプランによって異なります。
〇:補償の対象となります ?:補償の対象とはなりません △:特約で付帯出来ます

住宅総合保険基本補償内容 マイホームエースの補償内容 マイホームエースゴールドの補償内容
① 火災
② 落雷
③ 破裂・爆発
④ 風災・雹(ひょう)災・雪災

※損害額が20万円以上の場合
⑤ 建物外部からの物体の落下・飛来・衝突・倒壊
※航空機の墜落や車の飛び込みなどの場合も含みます。
⑥ 水濡れ
※給排水設備に生じた事故または被保険者以外の者が占有する戸室で生じた事故による水濡れ
⑦ 騒擾(そうじょう)
※集団行動・労働争議に伴う暴力・破壊行為
⑧ 盗難
⑨ 水災
※特約を付帯し、水災を補償対象外とすることもできます。

(最大70%補償)

(最大100%補償)

(最大100%補償)
⑩ 持ち出し家財
※保険証券記載の建物から一時的に持ち出した家財が日本国内の他の建物(ホテルなど)内で、①~⑧の事故で損害を受けた場合
※⑧盗難は通貨・預貯金証書の盗難の場合を除きます。
⑪ 費用特約パッケージ特約
※一戸建またはマンション等の区分所有建物と収容家財が対象
⑫ 水災支払方法変更特約
※⑨の補償をグレードアップします。
⑬ 風災等支払方法変更特約
※一戸建またはマンション等の区分所有建物と収容家財が対象
※④の補償を変更。損害額が20万円未満の場合でもお支払いします。
×
⑭ 破損・汚損損害等補償特約
⑮ 総合個人賠償パッケージ特約
※1.総合個人賠償責任補償特約 2.事故被害者弁護士費用補償特約
※一戸建またはマンション等の区分所有建物と収容家財が対象
×
お住まいや家財をさまざまな災害からお守りします
マイホームエース・マイホームエースゴールドには
価額協定保険特約〔建物新価・家財新価〕が付帯されます。
水まわり・鍵開け緊急サービスが付いています。(費用は保険会社負担 ただし、鍵代、部品代および30分程度の応急処置を超える修理費用は、お客さまのご負担)
○24時間365日いつでもご利用いただけます。
○水まわりのトラブル
トイレ、風呂、台所の水漏れや詰まり等のトラブル発生時に修理業者を手配します。
○鍵のトラブル
外出中の鍵の紛失、盗難の場合のドアロックの開錠に修理業者を手配します。


さらに「費用保険金」をお支払します

損害保険金のお支払い時にプラスして、各種費用保険金をお支払いします。


ニーズに合わせた各種特約

特約を追加して、さらに補償を充実させることができます。


価額協定保険特約をおすすめします

住宅総合保険は保険価額(時価額※1)を基準として保険金をお支払いしますが、保険金だけでは十分な復旧ができない場合もあります。
価額協定保険特約をセットしてご契約いただいた場合には、再調達価額※2が基準となります。
(家財の場合は時価額での価額協定保険特約もあります。)

※1. 時価額:再調達価額から使用による消耗分を差し引いた額
※2. 再調達価額:保険の対象と同等のものを再築・再取得するのに要する額


地震保険をおすすめします

火災保険では、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損壊・埋没・流失による損害だけではなく、地震等による火災(延焼・拡大も含みます。)損害はもちろん、火元の発生原因を問わず地震等で延焼・拡大した損害についても損害保険金をお支払いできません。

地震保険をあわせてご契約いただくことにより、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失による損害が補償されます。

※地震保険の対象は、居住用建物(住居のみに使用される建物および併用住宅)またはそこに収容されている家財(生活用動産)です。
※地震保険を単独で契約することはできません。


<< 前のページに戻る